TEAM ZEROとは

なぜ俳優やスタッフが踏み台のような扱いを受けているんだ?
私たちはこんな疑問からスタートしました。

小劇場界には数々の問題があります。
その問題ゆえに劇団が立ち行かなくなり、所属している俳優が路頭に迷ってしまうことがあります。
小劇場の世界は、ほとんどの劇団が赤字経営だということをご存知でしょうか。
多数の動員を見込める劇団ですら金銭的に逼迫していることがほとんどです。

ギャランディの遅延/未払い、チケットノルマを背負っていたりします。
これらが当たり前にまかり通っていることが不思議でなりませんでした。
そしてその原因は明確なものですが、何故かできないところが多い。

5歳で初舞台を経験し、以後80歳近くまで活躍した喜劇人がいます。
その喜劇人の名は、チャールズ・チャップリンといいます。彼はこんな言葉を残しています。
Imagination means nothing without doing.
(行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない)

夢を語るのは誰でもできます。
しかし行動を伴わない夢物語で終わってしまっていることが殆どです。
その中途半端な夢に俳優やスタッフが巻き込まれ、消費されていきます。
俳優やスタッフは、必ずしも劇団や演出家の表現の一部や成り上がりの手段ではないのです。
多くの機会に触れることで経験を積み、成長していくものです。そして競うべきです。
それがひいては演劇の質を高めることになり、観客の皆さんに喜んでもらえることにも繋がります。
私たちは作品毎に内容に合った俳優に声をかけ、俳優は演出家の提案を聴き判断します。
そして互いに意見をぶつけ合いながらも最高の作品を作るわけです。
役者も演出家もスタッフも常に対等な関係であるべきだという基本的な考えがあります。

イメージやメンツを優先し、採算度外視の公演を繰り返して立ち行かなくなる話はよくあるものでした。
赤字前提の公演は、単なる浪費や趣味の世界でしかありません。
我々は商業ベースが成立する領域を目指します。
採算を度外視するような真似はしません。無理のない計算された劇団運営を徹底します。

・特定の劇団に縛られない組織。
・常に対等な関係。
・俳優に対するより多くの経験の提供。
・共有資産の獲得と管理。

TEAM ZEROにはこれらの考えを理解し、賛同し、実行する強い意志を持った人たちが集っています。
まだ繋がっていない方でも、賛同してくれる方とはジャンル問わず手を組んで、どんどん新しい挑戦をしていきたいと思っております。
自ら動く強い意志を持った方の参加を、心からお待ちしています。

演劇集団 TEAM ZERO