TEAM ZEROとは

上演前の期待感、上演中の高揚感、上演後の満足感。

演劇の好きな方なら、これらを味わったことは少なからずあると思います。
しかし、小劇場界には数々の問題があります。そして、その問題ゆえに劇団が立ち行かなくなってしまったり、そこに所属している俳優が路頭に迷ってしまうことがあります。

小劇場の世界は、ほとんどの劇団が赤字経営だということをご存知でしょうか。
多数の動員を見込める劇団ですら、金銭的に逼迫していることがほとんどです。
そのため、そういった劇団は、公演資金を、その劇団員が自ら捻出することもあります。
ギャランディの遅延/未払い、さらに自らチケットを販売するノルマを背負っていたりします。
そこまでしても劇団は赤字経営です。劇団員は、アルバイトなどで生活費を稼がなくてはならないのですが、その時間さえも稽古のために費やさなくてはなりません。

5歳で初舞台を経験し、以後80歳近くまで活躍した喜劇人がいます。
その喜劇人の名は、チャールズ・チャップリンといいます。
彼はこんな言葉を残しています。

Imagination means nothing without doing.
(行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない)

赤字経営をしながらも舞台を続ける彼らは、ある見方をすれば滑稽なのかもしれません。しかし苦しいながらも行動を起こし、自らの想像・表現を実現している彼らは、チャップリンの言葉に沿うなら賞賛するべき姿とも言えるような気がします。ただしその”行動”の中身が重要です。

つまり劇団は、
大衆に迎合して個性を放棄するか、個性を維持するために赤字経営を続けるか――――。

という葛藤に陥ります。
その結果、劇団は個性を選び、苦しい状況になってしまうことが多くあります。
趣味のレベルで満足するなら特に問題ありません。

俳優は、必ずしも劇団や演出家の表現の手段ではないのです。俳優は、多くの機会に触れることで経験を積み、成長していくべきものです。そして競うべきです。それがひいては演劇の質を高めることになり、観客の皆さんに喜んでもらえることにも繋がります。

私達の集団は、大きく3つの部門から構成されています。
・「TEAM ZERO」計画的な劇団運営や公演を制作/指揮を行う部門。
・「Actors Bank」舞台に立つ俳優が所属する部門。
・「クリエイター集団」演出家、脚本家、デザイナー、制作/技術スタッフが所属する部門。

そしてテーマや方向性ごとに演出家に紐づいた劇団を運営します。劇団は、作品の内容に合った俳優に声をかけ、役者は演出家の提案を聴き、判断します。そして意見をぶつけ合いながらも最高の作品を作るわけです。役者も演出家もスタッフも常に対等な関係であるべきです。

これまでは、劇団のイメージやメンツを優先し、採算度外視の公演を繰り返して劇団が立ち行かなくなる、という話はよくあるものでした。

赤字前提の公演は、単なる浪費や趣味の世界でしかありません。
我々は商業ベースが成立する領域を目指します。採算を度外視するような真似はしません。
無理のない計算された劇団運営を徹底します。

・特定の劇団に縛られない組織。
・常に対等な関係。
・俳優に対する、より多くの経験の提供。
・共有資産の獲得と管理。

「TEAM ZERO」には、これらの考えを理解し、賛同し、実行する強い意志を持った人たちが集っています。また、まだ繋がっていない方でも、賛同してくれる方とはジャンル問わず手を組んで、どんどん新しい挑戦をしていきたいと思っております。
それが「TEAM ZERO」の目指すところです。

自ら動く意志を持った俳優の方の参加を、心からお待ちしています。

演劇集団 TEAM ZERO 総監督